1月例会のご案内

 新年最初の例会は、12月例会案内(11月25日配信)でも予告させていただいた通り、再来週1月27日(金)に開催いたします。
 今回は、ここ一年余り会場予約係としてお世話になっている高鍋涼さんに初報告をしていただきます。皆様ふるってご出席ください。

   <1月例会のご案内>
日時:1月27日(金)18時30分~
報告者:高鍋涼氏
講読条:長和三年(1014)二月十一日条・十二日条
会場:國學院大学若木タワー5階0508号教室(仮) (前回とは教室が変更になります)
※大学側都合による変更(学期末のため)があった場合は連絡します。

 なお、2月については2月10日(金)に長和元年条読み直し会のみの開催を、3月については(通常の第四週開催ではありませんが)3月10日(金)に例会開催を計画しております。会場を確保次第お知らせします。

   <長和元年条読み直し会について>
 例会開始前時間帯の有志による長和元年条読み直し会ですが、今回は『御堂関白記』長和元年二月・三月条の書下し文(と若干の註釈)を検討予定です。前回(12月2日)は、正月条の検討に加え、二月・三月条全体の読み方の確定(『御堂関白記』特有の語順表記に起因する訓読文の返り方や読点の打ち方についての方針決定)を行ないましたが、二月・三月条の内容解釈については今回検討します。

 参加ご希望の方には、事前に原稿ファイルをお送りしますので、お手数ですが私までご一報ください。

会場: 学術メディアセンター1階「カフェラウンジ若木が丘」店内または店外「常盤松ホール」前のテーブル
 大学図書館・大学博物館がある建物です。

日時: 1月27日(金)15時~18時(終了次第、例会会場へ各自移動)
   
 以上、宜しくお願いいたします。

 今年2017年は、日本国憲法施行70周年、あるいは盧溝橋事件・南京大虐殺事件の発生から80年、沖縄返還・日中国交正常化45周年、(第二次)ロシア革命100年、大政奉還・王政復古の大号令(クーデタ)から150年、ルターの宗教改革開始から500年などが話題になろうかと思われますが、日本古代史・平安時代史関係では、高松塚古墳壁画発見から45年、近江大津宮造営1350年、『延喜式』の施行1050年(完成・奏上からは1090年)、平清盛の任太政大臣から850年、そして後一条朝における敦明親王(小一条院)から敦良親王(後朱雀天皇)への皇太子交替、藤原道長から頼通への摂政交代、道長の任太政大臣から1000年にあたります。

 長文になってしまいましたが、年頭にあたり皆様のご健康、ご多幸をお祈り申し上げます。本年もよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です