Shoyuki-Kodokukai
活動 成果 メンバー ログイン ブログ

コンピュータの活用

 小右記講読会ではコンピュータの活用に積極的に取り組んでいます。出版された原稿から図版(版下も)索引データの作成も独自に行っています。

コンピュータの種別

 Windows、Macintosh、UNIXやLinuxでも好きなのを使ってください。

ワープロ

 本会では多くの会員が一太郎を利用しています。マイクロソフトWordは殆ど利用していません。

エディタ

UNIX

 UNIX環境ではポピューラーなemacsというものを利用しています。プラットフォーム(OSやCPUの違い)を気にすることなく利用できます。SSHで接続すれば場所を気にすることなく、どのコンピュータでも同じ環境を手に入れることができます。Web作成にもemacs以外これといったオーサリングツールを使っていません。プログラムもシステム構築もできます。

Windows

 秀丸、MIFES、QX等それぞれお好みのエディタがあるようです。

図版

 図版はMacintoshで作成してます。このページもMacintoshで作成しています。

索引データ入力

 一太郎とマイクロソフトExcelで入力したものをプレーンテキストに書き出します。マイクロソフトExcelで入力したものに関してはそのデータ書き出すときはOpenOffice.org(Calc)のマクロ機能を利用しました。

索引データ処理

 データは全て構造化されたプレーンテキストです。処理はUNIXシステムで研究会で作成したソフトウェアとリレーショナルデータベースを使います。

サーバについて

 小右記講読会ではWeb、ファイル、データベースサーバを独自に構築しています。会員は小右記講読会で定めた範囲自由にサーバを活用することができます。パックアップは定期的にとられます。

現在のサーバ環境

  • HW: Apple: Macmini
  • OS: UNIX (Darwin 9.7)
  • WEB: Apache 2.2
  • DB: MySQL 5.1
  • 正常であれば24時間無休で稼働します。
戻る
 (c) 1986-2011 Shoyuki-Kodokukai. All Rights Reserved.